AM5:22 その瞬間はそれはもう、突然に。

AM5:22 その瞬間はそれはもう、突然に。

AM5:22 その瞬間はそれはもう、突然に。

いつもありがとう。さあヒロブログの時間です。

そう、僕はブログを書く。とにかく書き続ける。

そう決めた2019年3月5日。記念すべき日だからここに記しておこうと思います。

早朝5時22分の出来事

今年になって早寝早起きの習慣を身につけようと、毎朝5時に起床。決まってベットの横に置いてあるスマホを眺めています。これはもう体に染み付いた習慣です。

ツイッターやgoogleメール、チャットワークなどを一通りチェックしたあとはFacebookを流し読み。いつものようにタイムラインを流し読みしていると、ある記事でピタリと僕の親指が止まったのでした。

「J Matsuzaki」

一体誰だ?

その文面の端々から熱き情熱と、才気あふれる創造力を感じさせます。

一体誰だ?

リンク先のブログに飛ぶとその正体が露わになりました。

ああ、あの人か。

今から一年ほど前か、いやもっと前かな?一度だけこのブログに出会ったことがあります。印象的なキャッチコピーと文章量。一見片言の自動翻訳機が書いたかのような違和感ある文体。

しかし実は緻密に計算された作品であることが僕には分かるのです。何よりブログの中に熱き魂が宿ることが、パソコンの画面を通じてビンビンに伝わってくるのでした。

「私の愛しいアップルパイへ」

読者に対する愛に満ちた言葉で始まるそのブログに、僕は一気に吸い込まれてしまいました。いつも起床後の淹れたてコーヒーを楽しみにしている僕が、時間が経つのも忘れてベッドの中で彼のブログを読みふけってしまったのでした。

一体なんてことだ!

そのブログの内容は多岐に渡ります。ブログ論。仕事論。時間管理術。オススメ書籍。彼がすすめる本のラインナップをざっと眺めるだけで、彼はかなりの読書家と言うことが分かります。

そう、彼は膨大な量の読書をこなしインプットを行うと同時に、膨大な量のブログの記事を書くことで、学びたてホカホカの知識を見事に消化しアウトプットを行っているのです。

一体彼は何者だ?

プロフィールにはこう書いてあります。

システム屋から音楽家へ!6年半の会社員生活を経て26歳でブロガーとして独立。小学生から夢だった音楽家へ至るまでの全プロセスをブログに公開。のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝える30代前半の夢見るリアリスト。

うん?

イマイチまだ伝わってこない感があります。

さらに詳しいプロフィールがあったので読んで見ることに。

うん、なるほど!そうか、そうだったんだ!

彼のこの熱い文章の根源にあるもの、それは自分の人生と真正面に向き合った、1人の男の生き様そのものだったのです。

ブログは書き手の生きる様そのものだ

彼はブログの中でこう語っています。

「圧倒的な”怒りのエネルギー”によって、私が自分の人生の変革を望んだ時、その時からずっと口癖は「自分の人生に責任をとる」です。

そして「自分の人生に責任をとる」と決意したその時に始めた活動の1つが、あなたが今見ているこの愛すべきWebサイトなのです。2011年8月のことです。

私がこのサイトを通してあなたに伝えたいことは何でしょうか。

それは、私が「自分の人生に責任をとる」と決意してから今日までに収穫した、”夢”の実現に向けて”好きなこと”に没頭するための数々の知識と技です。これらを誰にでも有効な、再現性のある”メソッド”として発信していきます。

そして同時に、その”メソッド”を私自信が実践し、私がいかにして成長していくのかについても見て頂きたいのです。

このサイトには私の本名をとって「jMatsuzaki」という名前をつけることに決めました。それはこの「jMatsuzaki」というサイトが、私自身の尽きせざる情熱の投影に他ならないからです。

自分の人生と対峙し、自分の人生に責任をとる。そのために彼はブログを書き続けます。来る日も来る日もブログを書き続け、連続投稿日数は477日。

その理由は、あるブロガーが連続投稿した日数が476日だったから。

至極単純でかつ明快。何事もシンプルで分かりやすいことが、うまく行くコツでもあるのです。



思えば僕のブログ歴は、学習塾経営時代から含めるとかれこれ10年以上。それでも宣伝に終始したり中途半端な記事の連続だったりと、自分の中での中途半端感がべっとりと粘着していていまだに拭えないのです。

これまでのやり方を変えて大きく前に進むためには、何かのきっかけが必要です。それは何かの出来事だったり、人との出会いであったり、ブログとの出会いでもあります。

僕は今日、出会いました。早朝5時22分。スマホの画面から発する痺れる情熱に出会ってしまったのです。

情熱に遠慮はいらない

そう、情熱はいくらでも掛け放題。誰に許可を得るわけでもなく、誰に遠慮することもないのです。自分の中の燃えたぎる情熱を、ブログに注ぎ込んでみるのです。

ブログはギャンブルみたいなもので、賭けられるのは情熱だけだ。

これは、JMatsuzaki氏が、彼のブログの師匠からもらった言葉です。ブログを書き続けたからって何がどうなるわけでもありません。あなたの努力を誰も保証してくれやしないのです。

それでも。

たった1人、あなたの努力や熱量を一番分かってくれる人がいます。そう、それはあなた自身です。ブログに情熱を傾け、ブログで人生を変えようと誓い、毎日タイピングに向き合うと決意する。

そのあなたの心の中の情熱は全て、他の誰でもないあなた自身が、リアルに敏感に感じ取っているはずなのです。

本音の言葉=生言葉

大切なことは、自分の心に正直になること。ブログはFacebookやツイッターなどのSNSとは違います。

ブログはもっともっとクローズドで個人的なもの。だから読者は一般大衆に対する言葉ではなく、あなたが心から感じる本音の『生言葉』を聞きたいのです。

それでも正直に気持ちをブログに書き連ねるのは恥ずかしいもの。勇気がいるし警戒してしまう気持ちも分からないではありません。それは僕もそうなのだから。

でも。

そこで指が止まってしまうと、今までと何も変わらないことは分かっているはず。今まで従順に心のブレーキにしたがっていた自分から、そろそろ枠を抜け出してアクセル全開踏み込む自分へと変える必要があるのです。

そして、そのタイミングは、このブログを読んでいる、今この瞬間からなのです。

今この瞬間の決意と行動が、新しい自分との出会いの始まりなのです。

ここで、これまで散々引用してきた、JMatsuzaki氏のブログを紹介します。

熱き魂が宿る、JMatsuzakiブログ https://jmatsuzaki.com/

丸々1日潰すぐらい、覚悟して一気に読んでみてほしい。一見どころではない。ブログに情熱を持つあなたであれば、隅から隅まで舐め回すように味わい尽くすべき、1人の生き様ブログなのですから。

hiro

コメントは受け付けていません。