ライティング スピリッツ

ライティング スピリッツ

ライティング スピリッツ

怒涛のライティング週間が

ようやく一区切りつき

少しだけ落ち着いた時間を過ごしています。

特にこの2日間は他の業務は横に置き

集中してパソコンに向かい

計3〜4万字程度執筆しました。

改めて

ライティング作業は奥が深いと感じます。

ここで僕がライティングを始める際に行う

頭の中での儀式について

少しだけご紹介しますね。

ライティングに向かう儀式

依頼された記事に取り組む際

僕はいきなり執筆には取りかかりません。

一度パソコン画面から目を離して

深呼吸して呼吸を整えます。

頭の中では


全体の構成を考えてイメージを組み立て


間違いがないよう神経を張り巡らせ集中し


読み手の心に響くようなワードを瞬時に選び出し


集中して一気に最後まで書き上げるイメージトレーニングをする。


このような一連の流れを頭の中で整理整頓して

さあ!一気に執筆スタートするのです。

WEBライターには強さと優しさが必要


相手に伝えるということは

相手の心に敏感であること。

相手の心に敏感であるためには

心をいつも繊細に保つこと。

WEBライターやコピーライターには

人間の心の機微を理解できる

経験や深みが求められるのだと感じます、


『タフでなければ生きていけない。
優しくしくなければ生きていく資格がない』


かつて探偵小説の中で

フィリップ・マーロウが発した

このセリフがふと頭をよぎります。

タフでありながら優しいハートが

ライターには求められるのです。

ライティングスピリッツ

質の高いライティングをするには

タイピングの技術や速度はもちろん重要です。

速ければそれだけ大量の文章を

短時間で書くことができるのですから。

しかし他方で

ライティングを発注する側の目線にも配慮する必要があります。

発注者はどのようなウェブメディアを運営しているのか?

そこではどのような記事が掲載されているのか?

運営者はライターにどんな記事を書いてもらいたいのか?

これらをイメージする必要があるのです。

通常サイト運営者にとってそのサイトは

可愛い我が子同然の存在です。

適当に扱われて嬉しいわけがありません。

可愛ければ可愛いほど優しく丁寧に

接して欲しいものなのです。

であれば

納品する記事はやはり丁寧に丁寧に

心を込めて執筆する必要があるのです。

他の誰でもないあなただからという理由で

あなたに仕事をお願いしたサイト運営者は

大量生産では決して注ぐことのできない

優しさや丁寧さを込めることを

あなたに求めているのですから。

だからこそライターは

技術を身につけることはもちろんのことですが

同時に

精神性=スピリッツ

大切にしなくちゃなって思うわけです。

あなたのスピリッツを

文字に込めて欲しいと思うわけです。

hiro

コメントは受け付けていません。