パソコン一つで場所に縛られずコンテンツを生み出すWEBライター

ウェブサイトがつくられてネット上にアップされると、そのサイト上で提供されるコンテンツ作りが必要となります。コンテンツ自体は多様化が進み、文字から画像、映像へと進化していますが、その根源は「言葉」です。そしてその「言葉」を作り出すのが、WEBライターの仕事なのです。

WEBライターってどうやってなるの?

WEBライターになるためには、特に資格など必要ありません。WEBライターの専門学校やスクールもあまり見ることがありません。つまりWEBライターは、パソコンやスマホで文字さえ入力することができれば、誰にでもなれる職業なのです。



具体的にどんな仕事をするの?

WEBライターは、ネット上にアップされるウェブサイトの記事を書いて仕事を進めます。仕事は多岐に渡ります。個人のブログから企業のホームページ、アフィリエイトサイトから専門知識を必要とする高度なテキストまで、とにかく幅広いジャンルのサイトがあり、コンテンツも無数にあるのです。

WEBライターとして活躍するためには、幅広いジャンルをオールマイティーにこなせる器用さが必要です。特に駆け出しの時期は仕事を選ぶことができないので、依頼されたものをこなす修行の日々が続くのです。

それでもがむしゃらに、誠実に取り組んだ経験はやがてあなたの信頼に繋がり、やがてそれは誰でもいい仕事から、あなたにしかできない仕事へと変わっていくのです。

自分の武器を持つこと

基礎体力が身についたなら、自分の得意ジャンルを持つことが大切です。得意ジャンルでの深い専門性に富んだ記事はあなたの武器になり、WEBライターとしての地位を高めてくれる武器になるからです。

医療や法律、エンジニア関連など、ニッチなジャンルでのライターはそれほど多くは存在しません。WEBライターとして地位を確立するのであれば、誰もが狙うジャンルではなく、誰もが避けて通るジャンルを狙ってみるのもいいでしょう。

WEBライターにとって大切なこと

WEBライターは「言葉を紡ぐ人」だと言えます。

様々な記事制作の依頼があり、どんな読者に何を訴え、最終的にどんな行動をとってもらいたいのか。ゴールを考えて構成を練り、言葉を紡ぎ出していきます。

もちろんたくさんの言葉や言い回し、表現方法を身につけておくことも必要です。しかし、果たしてそれらの言葉が読み手の心を打つのでしょうか?

人は上っ面の言葉では動きません。毎日ネット上に無数にあふれているサイトに触れているので、言葉に心があるのかどうか、瞬時に感じ取れるのです。すでに現代は、小手先が通用しない本物の時代になっているのです。

だからこそWEBライターは、たくさんの人生経験を通じて様々な感情を経験した、深みのある人が向いているのかもしれません。その人が発する実のある言葉には魂が宿り、その言葉はネットを介して人の心を揺さぶるのですから。

WEBライターになろう

パソコンやスマホがあり、人並み程度の文字入力のスキルさえあれば、誰でもすぐにWEBライターになれます。WEBライターには資格や免許が必要なく、誰に許可を得て行う必要もないからです。

しかし誰にでも「読まれる記事」が書けるわけではありません。日本語の知識や言葉の使い方、人並みの文章力は必要です。何より「心打つ記事」がかけるようになるためには、あなたも心打つ経験を重ねる必要があるからです。

WEBライターは、インターネットがなくならない限り絶えることはありません。AIに、心震える言葉がかけるとも思えません。人間的な温かみのある言葉を発することができるのは、機械ではなく真っ当な人間だけだと思うのです。

インターネットが好きで、言葉が好きで、ブログが好き。それだけでWEBライターとしての資格は十分です。あとは本人の情熱次第。言葉をつむぎ、人の心を揺り動かすことのできるWEBライターに、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?